Two in one

ACCESS

STRUCTURE

  • 基礎の構造

  • ダブル配筋

    構造壁の鉄筋を二重に組み、シングル配筋よりも高い強度と耐久性を発揮するダブル配筋を採用しています。構造壁の鉄筋を二重に組み、シングル配筋よりも高い強度と耐久性を発揮するダブル配筋を採用しています。

  • 柱は溶接閉鎖型フープ

    工場で特殊溶接して閉じた形にした帯筋です。一般的な帯筋よりも耐震性に優れています。工場で特殊溶接して閉じた形にした帯筋です。一般的な帯筋よりも耐震性に優れています。

  • 地震時に停止するガスマイコンメーター地震時に停止するガスマイコンメーター

    ガスの使われ方に異常があったり、震度5程度以上の揺れを感知した場合に、ガスメーターが自動的に止まるので安心です。ガスの使われ方に異常があったり、震度5程度以上の揺れを感知した場合に、ガスメーターが自動的に止まるので安心です。

  • 地震管制自動着床機能付エレベーター地震管制自動着床機能付エレベーター

    地震の揺れを感知すると、最寄りのフロアに自動着床します。万一の際も、エレベーター内に閉じ込められることがないように配慮しています。地震の揺れを感知すると、最寄りのフロアに自動着床します。万一の際も、エレベーター内に閉じ込められることがないように配慮しています。

  • 外壁構造

    外壁は約150~180㎜厚のコンクリートに加え断熱材を施し、断熱性に優れた壁構造としました。外壁は約150~180㎜厚のコンクリートに加え断熱材を施し、断熱性に優れた壁構造としました。

  • 戸境壁構造

    住戸間の戸境壁はプライバシーを配慮し、約200~220㎜厚以上を確保。建物の基本設計の段階から耐久性や遮音性を高める配慮をしました。住戸間の戸境壁はプライバシーを配慮し、約200~220㎜厚以上を確保。建物の基本設計の段階から耐久性や遮音性を高める配慮をしました。

  • 二重床・二重天井

    階下への振動や衝撃音を軽減するため、二重床・二重天井を採用しました。遮音性能を高めると共に、将来のライフスタイルの変化にも柔軟に対応できます。階下への振動や衝撃音を軽減するため、二重床・二重天井を採用しました。遮音性能を高めると共に、将来のライフスタイルの変化にも柔軟に対応できます。

  • 断熱性能

    外部に面する屋上や壁には、各部位ごとに断熱材を施す事で断熱性を確保し、結露の抑制や省エネルギーに努めています。外部に面する屋上や壁には、各部位ごとに断熱材を施す事で断熱性を確保し、結露の抑制や省エネルギーに努めています。

  • コンクリートかぶり厚

    コンクリートの表面から鉄筋の表面まで充分なかぶり厚さを確保し、コンクリートの中性化を遅らせ耐久性を高めています。コンクリートの表面から鉄筋の表面まで充分なかぶり厚さを確保し、コンクリートの中性化を遅らせ耐久性を高めています。

  • ボイドスラブ工法

    ボイドスラブ工法を採用することで、住戸内に小梁の出ないスッキリとした空間を確保しました。また、上下階の高い遮音性能も実現しています。ボイドスラブ工法を採用することで、住戸内に小梁の出ないスッキリとした空間を確保しました。また、上下階の高い遮音性能も実現しています。

  • 結露を抑える複層ガラス

    窓ガラスには複層ガラスを採用しました。断熱性が高まり、ガラス面の結露が発生しにくくなります。窓ガラスには複層ガラスを採用しました。断熱性が高まり、ガラス面の結露が発生しにくくなります。

  • 遮音性能を確保した防音サッシ・防音スリーブ遮音性能を確保した防音サッシ・防音スリーブ

    室内の快適性を高めるために、防音サッシ(T-2等級)を採用し、外部からの音を軽減します※。また、吸気口から入ってくる騒音を低減するために、防音スリーブを設置しました。室内の快適性を高めるために、防音サッシ(T-2等級)を採用し、外部からの音を軽減します※。また、吸気口から入ってくる騒音を低減するために、防音スリーブを設置しました。

  • 「設計住宅性能評価書」取得済マンション「設計住宅性能評価書」取得済マンション

    2つの性能評価により、マンション全体の基本性能を客観的に知ることができます。2つの性能評価により、マンション全体の基本性能を客観的に知ることができます。

※掲載の写真はモデルルーム(Bタイプ)を撮影したもので家具・調度品やオプション仕様等は販売価格に含まれません。(平成30年7月撮影)

PAGE TOP